コンテンツのリアルタイム配信プラットフォーム「Livecanvas(ライブキャンバス)」から認証コードログイン機能をリリース

認証コードによるログインも行うことができるようになり、マーケティング施策としても活用します。

プレスリリース

掲載メディア : PR TIMES

パークス株式会社(本社:東京都足立区、代表取締役:大國谷文秀)は、2019年10月31日より、コンテンツのリアルタイム配信プラットフォーム「Livecanvas(ライブキャンバス)」から認証コードログイン機能をリリースいたします。
これまでのQRコードによるログインだけでなく、4桁の認証コードによるログインができるようになります。
イベントごとにQRコードを更新せず同じQRコードを使えるので、汎用性が高まり、LINE公式アカウントなどの導線を挟むことも可能となり、イベント後のマーケティング施策としても活用します。

認証コードログイン

Livecanvas(ライブキャンバス)とは

Livecanvasは写真や動画、メッセージなど様々なコンテンツをその場でリアルタイムにシェアできる参加型スマホサービスです。
結婚式の披露宴や2次会、同窓会や懇親会など各種パーティや音楽・ファッション・スポーツなど各種イベントにて、その場のライブ感とともに、リアルタイムならではの臨場感をシュッと会場のスクリーンに飛ばして感動を共有することができます。

Livecanvas

「Livecanvas(ライブキャンバス)」サービスサイト

https://livecanvas.jp/

認証コードログインについて

イベント・パーティ毎に発行された認証コードをログインページにて入力することでログインが完了します。

Livecanvasではこれまで、イベント・パーティ専用のQRコードを読み取る(もしくは直接URLを入力する)ことでブラウザからアクセスしてログインする方式のみを提供しておりました。
この方式はQRコードを読み取るだけでログインできるというメリットがあるものの、各イベント・パーティごとに新規のQRコードを発行して、場合によっては印刷して会場で配る必要がありました。

今回新たに実装された認証コードログインを利用する場合、毎回同じQRコード(もしくはURL)を使うことができます。
そのため、印刷物などに常に同じQRコードを印刷したり、メールやチャットによる自動配信なども毎回同じQRコードやURLをご利用いただけます。

LINE公式アカウント連携
認証コードログインを利用することで、LINE公式アカウントの友だち追加へ誘導することができます。
Livecanvasを利用するすべてのユーザーがより自然に友だち追加を行ってくれる施策となり、イベント・パーティ後のマーケティングに展開を広げることができます。

LINE公式アカウント連携ログインフロー例

①ユーザーがLINE公式アカウントのQRコードを読み取る。

②ユーザーがLINE公式アカウントを友だち追加。

③LINE公式アカウント側から自動返答メッセージにLivecanvasの認証コードログインページのURLを送信。

④ユーザーが認証コードログインページに遷移。

⑤ユーザーがイベント・パーティ専用の認証コードを入力してLivecanvasにログイン。

LINE公式アカウント連携ログイン

​サービス概要

サービス名:Livecanvas(ライブキャンバス)
サービス開始日:2018年11月22日
サービス利用プラン:スポット利用プラン、月額プラン
稼働システム:WEBアプリケーション(アプリのインストールは不要)
対応端末:iOS、Android(ガラケーは非対応)
HP:https://livecanvas.jp/

会社概要

「感動に臨場感を」というビジョンのもと、「人の輪の中に“Sounds Good”を生み出す」ことをミッションとする、ヒューマンテックカンパニーです。
名称:パークス株式会社
所在地:東京都足立区千住東1-2-5
設立:2018年2月9日
事業内容:リアルタイム配信プラットフォームの開発・運営
代表者:代表取締役 大國谷文秀
HP:https://parks.co.jp/


Recent Posts


※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

© PARKS Inc.